まぶしさ。




ねぇ、知ってる?

風が吹く場所には
光が住んでるんだって。

草たちが言っている。



そんなこと知らないよ。

ただ風に煽られてる僕たちには
関係ないことさ。



そういえば、
なんだか 今日はやたらと
風がつよいね。


でもさ、からだは暖かいね。



まっ眩しい… 。


あ…これが光。

僕たちは 眩しすぎて 目を閉じていたから分からなかったんだ。

風のところには光がいつもいたんだ。

きっとかけがえのない大切な関係。


草たちは、目をうっすらと開け
眩しさから 光を見つけた。


また新しいことを覚えて
草たちは伸びて行く。


私たちはいい距離感でいよう。
風と光はいつも一緒。
ささえてる。

また幻と現実の間の光を
草たちに見せてあげよう。


しあわせな気持ちになりますように。