迷子の花



あのときに もどりたいなんて
おもったことがないけれど

あのときに もどって
いろいろ かくにん したいことは
ある。


いまは あのときで できてるから
いまを 大事にいたいけど

答えのない道だから
たまには 自信を 見失う。



自分の行きたい道が
あるとしたら こっちで
あっていたか 誰かに教えて

ほしいときもある。


訪ね方を覚えないと
それも
できない。


なんどもおなじ ところで
立ち止まっては
また戻っているような。

そこからはきっと
何かが 必要なんだ。


そんな 迷子になる花の中のとき。


きっと、この迷子の時間が
必要なときなんだろう。

こころを 空にしないように
つかみながら 前へ進む。